仕事内容を理解しよう

福利物産TOP > 採用情報 > 仕事内容を理解しよう

福利物産は天明六年(西暦1786年)に創業し、味付ちりめん、佃煮、煮豆、惣菜等の企画・開発・販売をしている総合食品メーカーです。福利物産で働く100名の社員は、日々様々な役割を担って働いています。それぞれ、どのような仕事を任されているのでしょうか?社員一人ひとりの仕事や考え方を切り口に、福利物産という企業を知り、仕事を理解してもらいたいと考えました。

製品の「質」を任される責任感と緊張感。これが私たち生産部の仕事の原動力だと考えています。
生産部では生産と管理を中心に、受注するところから出荷にいたるまでの一連の業務のすべてを行うことが仕事です。
もっと詳しく
自分の意見をすぐに取り入れてもらえるうれしさと同時に研究職に限らずいろいろな仕事ができる楽しさ。
原料の塩分・水分などの様々なデータを採取していく作業から、新製品をつくり出す試作業務・開発業務、その原料などの管理が研究室の仕事になります。
もっと詳しく
今までに4000人の方々と知り合うことができました。一緒に酒を飲んだり、何でも話し合える人が全国にいます。
福利物産の製品である佃煮やふりかけなどの水産加工品を、大手スーパーに販売するための新規販路の開拓をしています。私は国内市場でも最大の激戦区である東京エリアを担当。
もっと詳しく

エントリー(リクナビ2010)